レイク銀行比較のラボ

MENU

気になるレイクの審査方法って

新生銀行レイクでお金を借り入れするさいに必ず必要になるのが、「審査に通ること」です。

レイクが定める審査に通らなければお金を借りることはできません。

しかし、残念なことに審査基準は好評されていません。

唯一レイクでわかっている審査基準が「満20歳以上~70歳以下」であること。

これは、審査基準というより、申し込み資格がある年齢です。

一般的に審査に通る、通らないは申込者の信用度が高いのか?低いのか?に関わってきます。

年収や年齢、職業などを点数化して、信用度の点数が基準以上に満たせば、信用度が高いと満たされ、審査に通る可能性が高くなります。

一般的なカードローンの審査基準について紹介していきます。

信用度をみる一般的な審査基準は?

年収 もちろん年収が多ければ多いにこしたことはありません。レイクの場合「レディースレイク」というサービスがあり、主婦などの方でもパートやアルバイトなどで、安定した収入があれば審査を通過する可能性があります。
職業 どのような職種についているのか?また創立年数。(設立が浅い会社より長い会社のほうが信用度は高くなります。)
年齢 一般的に年齢が若い人より年齢が高い人のほうが年収が高く、信用度がアップします。しかし、60歳以上の場合は、収入などにも限りがあり、職業を安定させる要素が下がってしまうので、信用度は低くなります。
勤続年数 勤続年数をチェックする目的は借り入れする人の信用をチェックする要素です。勤続年数が長ければ、「安定した収入あり」とみなされますし、勤続年数が短い人より、信用が高くなります。
事故などの経歴 過去の借り入れ状況などをチェックする項目です。延滞していないかなどの返済履歴もチェックされます。
借り入れ履歴 過去、現在の借り入れ履歴をチェックする項目です。過去の返済履歴などで延滞していないのか?延滞なく返済できているのか?などの履歴をチェックされる項目です。ここで注意が必要なのが、過去に返済履歴がない人より、返済履歴があり、延滞なく返済している人のほうが信用度が高くなります。
住居 賃貸なのか?持ち家なのか?で信用が大きく異なってきます。持ち家の場合は、自己資産とみられること、住宅ローンの審査を通っていることもあり、信用度が高くなります。もちろん賃貸でも住居年数が長ければ信用度は高くなります。

レイクの在籍確認は?

審査を通過したら次に、在籍確認があります。

レイクは在籍確認が必衰です。

在籍確認は申し込みした人が実際に申し込み時に記入した職場で働いているのかどうか?の確認することです。

しかし、申し込み者からすると職場に「レイク」から電話があったなんてしれたら、気まずくなってしまいますよね。

安心してください!もちろん、レイクの担当者もわかっています。

レイクと名乗ること消してありません。

在籍確認時、注意しておくべき項目
  • レイクの担当者に都合のよい時間をつたえておく
  • レイクの電話番号だとわかる番号からかけないようにしてもらう
電話での在籍確認を回避する方法

実は電話での在籍確認を回避する方法があります。

基本的にはレイクの申し込み時に担当者の方に相談すれば解決方法を教えてくれます。

レイクの場合は、今現在も在籍していることができる証明書を提出すれば、電話での在籍確認を回避することができます。

例えば、給料明細、社員証などです。

新生銀行レイクの詳しい申し込み方法は、レイクの審査申し込みはこちらnetcomがわかりやすく説明してくれているので、私も参考にしています。

更新履歴